Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/uzuuzu/o-matsuri.net/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579
黒石寺蘇民祭のポスターがやばかった!2016の見どころは?写真や動画で紹介します【岩手県】
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/uzuuzu/o-matsuri.net/public_html/wp-includes/plugin.php on line 579

黒石寺蘇民祭のポスターがやばかった!2016の見どころは?写真や動画で紹介します【岩手県】

スポンサーリンク

こんにちは。ワッショイ林です。

いきなりですが、このポスター、インパクトありすぎじゃないですか?

黒石寺蘇民祭のポスター

黒石寺蘇民祭のポスター

岩手県の黒石寺蘇民祭というお祭りの男気具合が、半端なさすぎます。 どうやら、このポスターについては、こんなニュースが・・・

2008年度のポスターが「女性客が不快感を覚え、セクシャルハラスメントに該当するおそれがある」として、JR東日本が駅構内での掲示を拒否するというニュースで取り上げられたこともありました。

行きすぎましたね・・・(笑)

⇒ こちらのニュースについて詳しく知りたい方はこちら(NAVERまとめ)

インパクトが強すぎるお祭りのようですが、実際はどんなお祭りなのでしょうか?

さっそく、ご紹介していきます。

どんな雰囲気のお祭りかを早く知りたい!という方は、こちらの動画をご覧ください。

4Kで撮影されているらしく、映像がくっくりしています。

黒石寺蘇民祭2016のみどころは?

 裸の男と炎のお祭り

黒石寺で毎年旧正月の7日の夜から翌朝暁にかけて開催される裸の男と炎の祭りです。

その年の厄払いや五穀豊穣を祈願し、夜中に繰り広げる勇壮な祭事です。

蘇民袋争奪戦で最後を締めくくります。

蘇民祭とは岩手県を中心に日本各地に伝わる裸祭りです。その中で岩手県の蘇民祭は選択無形民族文化財として選択されていて、1,000年以上の歴史を持つと言われています。

黒石寺蘇民祭はその中で最も有名な裸祭りとされています。

このお祭りの見どころは、なんといっても東北地方の極寒の中、護符の入った蘇民袋を奪い合う争奪戦です。

これは見逃せません!

寒い時では氷点下10度近くまでなる中で、まず本堂・妙見堂の周りを巡回し、火の粉を浴びながら身を清めていきます。

早朝すぎる争奪戦

その後朝方5時くらいから蘇民袋争奪戦が始まります

2時間以上にわたり行われます。 最終的に蘇民袋の首に一番近い所を掴んでいた者がその年の取主となり、その年が東西どちらの土地が豊作になるのかが決まります。

裸でぶつかり合う男たちからは湯気が立ち上り、その激しさを物語ります。

黒石時蘇民祭の参加方法は?

実は、このお祭り・・・、

地元住民以外でも当日に境内で届け出れば参加可能です。

つまり、あなたも参加できるということです!

ただし、いくつか決まりごとがあります。

参加者である男性は祭事の1週間前から精進潔斎に努めなければならず、肉・魚・ニラやニンニクのような臭いのきつい食べ物、あるいは調理で日を通した食べ物を口にすることが禁じられます。

このように精進潔斎を守り、宗教行事であることを心得て参加することが必要になります。

意外にハードルが高いです。

黒石時蘇民祭といえば、あのポスター

冒頭でも触れましたが、黒石時蘇民祭は2008年に作成されたポスターで世間を騒がせています。

その年のポスターには上半身裸で胸毛が濃い男性が写っているというデザインで、JR西日本が女性客が不快感を覚えセクシャルハラスメントに該当する恐れがあると問題視し、駅構内での掲示を拒否するという問題が発生しました。

この経緯がメディアで多く取り上げられ,結果的に全国的に知名度が上昇しました。

NAVERまとめの記事を読むと、テレビで報道されたおかげで、広告効果としては、31億円くらいの価値があったんだとか。

すごいですね。炎上商法みたいな感じですね(笑)

今現在では男性を起用することはなく、黒石時の風景をメインにしていることがほとんどです。

黒石時蘇民祭のスポット、交通手段は?

会場は岩手県奥州市の黒石寺になります。

住所は、以下の通りです。

〒023-0101 岩手県奥州市水沢区黒石町山内17

TEL:0197-26-4168

場所が山の中なので、交通手段はバスか車になります。

東北新幹線 水沢江刺駅からバスで10kmほどで、約20分くらいで到着します。

東北自動車道 水沢ICから車で18kmほどで、約30分くらいで到着します。

駐車場は黒石時向かいの駐車場をご利用できますので、ご安心を。

国道は全面駐車禁止なので注意してください。

蘇民祭のグルメスポットは?

せっかくなので、グルメ情報をあわせて紹介したいと思います。

蘇民祭タコ焼き

蘇民祭タコ焼とは、蘇民祭の期間中に口にしてはいけない肉・魚・ニンニク・ネギなどの食べ物を一切使わないタコ焼です。

そのためたこ焼きと言っても、タコが入っておらず、小麦粉を水で溶いたものをたこ焼き機で焼いたものを販売しています。

うまいのかどうかいささか不安です(笑)

が、きっとありがたいグルメなんだと思います。

身を持って蘇民祭の精進の辛さを体験できるものとなっています。

1000円で時間無制限食べ放題飲み放題の休憩小屋

期間中にこの小屋に立ち寄り1000円払うと「蘇民将来」と書かれた木札がもらえ、蘇民祭中はお酒やうどん、おでんが食べ放題となります。

暖炉を取りながらみんなで温まりながらお腹を満たしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

黒石寺蘇民祭のお祭り情報

  • 【開催場所】
    岩手県奥州市の黒石寺
    〒023-0101 岩手県奥州市水沢区黒石町山内17
  • 【地図】
  • 【開催日程】
    毎年旧正月の7日夜から翌早暁にかけて開催
    2016年2月14日〜2016年2月15日 日 曜日 22:00 (旧正月7日の午後10時~)翌早暁まで
  • 【アクセス情報】
    水沢駅前から「岩手県交通正法寺線」で黒石寺バス停下車
  • 【公式サイト】
    http://www.kokusekiji.jp/index.html
  • 【お問い合わせ先】
    黒石寺蘇民祭保存協力会(黒石地区センター)
    TEL:0197-26-3819

スポンサー
スポンサーリンク
スポンサー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です